自分のマラソンやダイエット、日常のアレコレを”ユル”めに書くブログ


電子マネーのすすめ~QUICPayとiDの使い方~

ランニングを始めた頃、飲み物を買うために、小銭を持ち走っていた時期がある。
走るとチャリチャリと音が鳴ったりして、いつも不便に感じていた。そんなことがあり、スマホひとつで済むように電子マネーを導入した。

f:id:HanaPal:20190616161919j:plain

今では、水筒を家から持って行くようになったので、ランニング中に飲み物を買うことはなくなったのだが、電子マネー自体はとても便利だったので、普段の買い物などにも使うようになった。

 

使っている電子マネー

主に使用しているのが、
「QUICPay」(クイックペイ)。
f:id:HanaPal:20190530000333j:plain
あと自動販売機を含め使用範囲が広い、
「iD」(アイディー)
も時々使っている。

f:id:HanaPal:20190616222243p:plain

どちらも登録料金はかからない。

iPhoneであれば、Apple Payにクレジットカード情報を登録すると、電子マネーが使用可能となる。

登録できるカード会社

登録したクレジットカード会社によって、使用できる電子マネーは決まっている。自分の場合、クローバーカード(JCB)を登録すると「QUICPay」となり、

f:id:HanaPal:20190616160327p:plain

引用:QUICPay 公式ページから

もうひとつ使っているイオンカード(VISA)を登録すると「iD」となった。

f:id:HanaPal:20190616160807p:plain

引用:i D公式ページから

自分は、使用頻度が高いクレジットカードのほうがJCBなので、QUICPayを使用することが多くなる。

設定方法

【Apple Payの設定方法】※2019年6月21日の時点

f:id:HanaPal:20190616223528p:plain

「設定」アプリを起動し、「WalletとApple Pay」をタップ

f:id:HanaPal:20190620010410p:plain

「カードを追加」をタップ

f:id:HanaPal:20190616223823p:plain

「続ける」をタップ

f:id:HanaPal:20190616223909p:plain

「クレジット/プリペイドカード」をタップ

最後に、画面にクレジットカードの写真を映すか、
画面下の「カード情報を手動で入力」から入力すると登録できる。

f:id:HanaPal:20190616224006p:plain

 

登録完了!これでコンビニやスーパーなどで使えるようになる。

指紋認証(Touch ID)の登録方法

自分はiPhone7の指紋認証が便利で好きなので、支払い時にも使用できるように設定している。

「設定」アプリの「Touch IDとパスコード」から、

f:id:HanaPal:20190616224154p:plain

 

「Apple Pay」をONにすれば指紋認証で使用できる。

f:id:HanaPal:20190616224224p:plain

 

 

支払い方法

iPhoneの場合、レジにて支払時に「クイックペイ」または「iD」でと伝えると、お店の端末にスマホをかざして支払いする。

f:id:HanaPal:20190616230713p:plain

引用:QUICPay公式ページから

自分は慣れるまで少し時間がかかった。「iD」も使い方は同じである。

さいごに

ちょっとした買い物なら、財布を持たなくなり、身軽になった。また、スマホにロックをかけているので、他人に拾われた場合でも悪用さにくいのがいいと思う。

あと、Suicaも登録できる。初めて使ってみたが、券売機に行かなくていいのはすごく便利だ。

f:id:HanaPal:20190619235910j:plain
人気記事