自分のマラソンやダイエット、日常のアレコレを”ユル”めに書くブログ


猫の脱走防止柵を100均で作る

2018年秋、ロシアンブルーの子猫を迎え入れた。

f:id:HanaPal:20190622201122p:plain

無事に冬を越し、夏に向けての室温管理に悩んでいた。エアコンの設置も考えたが、いろいろな意見を聞いて、とりあえず今年は見送ることに。

窓を開けることになるので、いたずらで網戸を破ったりしないよう脱走防止柵を作成することにした。

調べてみると、ダイソー(100均)でも材料が揃うようなので挑戦してみる。

www.hanapal.com

 

 

材料を買う前に準備する事

固定する場所を確認する

今回作成する脱走防止柵は、突っ張り棒を使うので、窓を開けた時に、網戸の手前に突っ張り棒を立てる隙間が必要である。
家は狭いながらも隙間があったので、細めの突っ張り棒ならいけそうだ。

f:id:HanaPal:20190622220840j:plain

自分の場合はここにした

サイズを測る

購入する突っ張り棒と柵の大きさを決めるため、設置する場所のサイズを測る。
自分は一度、きちんと測らず適当に材料を購入して無駄にしてしまったことがある。

f:id:HanaPal:20190622220905j:plain

 

材料

 全てダイソーで揃えることができた。

結束バンド(7cm)

100円。
もしひと回り大きいサイズがあったら、そちらの購入をおすすめする。
突っ張り棒への固定でも使用するのだが、この長さだと少し足りない。

f:id:HanaPal:20190603000705j:plain

突っ張り棒2本

窓の長さが150cmだったので、100円の物では短く、200円の物を購入。

f:id:HanaPal:20190603000708j:plain

大きさのバリエーションが少ないので、3個購入し、組み合わせて窓の大きさに合わせる。

こちらも200円。100均と言いつつ、200円の商品が多くなってしまった。

f:id:HanaPal:20190603000531j:plain

作り方 

突っ張り棒を窓の長さまで伸ばす。

f:id:HanaPal:20190622221026j:plain

 

一度突っ張り棒を外し、その長さになるように網を組み合わせる。

f:id:HanaPal:20190622221047j:plain

 

網同士を結束バンドで固定する。

f:id:HanaPal:20190622221144j:plain

f:id:HanaPal:20190622221420j:plain


突っ張り棒に網を固定する。
この時、結束バンド(7cm)だと微妙に長さが足りないので、自分は別で20cmの結束バンドを買った。
f:id:HanaPal:20190622221449j:plain

網を突っ張り棒にセットできたら、窓の設置場所へ置き、動かなくなるまで突っ張り棒を伸ばして固定。
完成である。
f:id:HanaPal:20190622221553j:plain

f:id:HanaPal:20190622221555j:plain

 

窓ストッパー設置 

さらに、脱走防止柵以上に窓が開かないようにするため、ストッパーも設置。
ストッパーもいろいろな種類があり、いくつか試したのだが、これが一番安定していた  f:id:HanaPal:20190623112316j:plain

 窓に貼り付けるための粘着テープもしっかりしていて、今のところ外れたりすることもなく使えている。

f:id:HanaPal:20190623112319j:plain




しばらく使ってみた感想(うちの場合)

最初はめずらしがって、網に登ろうとしたり、結束バンドにじゃれついたりしていたが、そのうち飽きて今では特になにもしない。

結束バンドははみ出た部分を切ることもできるが、切り口が鋭いので、やすりをかけたりしたほうがいいだろう。

ネコは外の音を聞いたり、窓から外を眺めていたりはするが、破壊しようとしたりはしないので、今年の夏はこれで乗り切れるかなと思う。

f:id:HanaPal:20190610231128p:plain

 

人気記事