札幌ユルマラソン

日々のアレコレを「ユルめ」に書いたブログ

自分のマラソンやダイエットの記録、日常のアレコレを”ユル”めに書くブログ

アプリ「VDOT Running Calculator」の紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

スピードと体力向上のため、インターバルトレーニングを行ってみた。

方法は、400mや1000mの短い距離を、スピードアップし、その後ジョギングや、ウォーキングに切り替える。
また、体力が回復したらスピードアップする、というのを繰り返す。
スピードに緩急をつけて走り続けるトレーニングである。

400mだと10本くらい、
1000mだと5本くらい繰り返すのがいいようだ。

このトレーニングを行うにあたって、まず、自分がどれくらい、スピードアップするべきなのか調べてみた。

便利だったのが、「VDOT Running Calculator」というアプリ。

VDOT Running Calculator
VDOT Running Calculator
開発元:The Run SMART Project, LLC
無料
posted withアプリーチ

距離とその最速タイム、平均ペースを入力すると、
f:id:HanaPal:20190515005126j:plain

トレーニングの内容ごとに、どのくらいのペース、で走ればいいか教えてくれる。
f:id:HanaPal:20190515005152j:plain

ただ、すべて英語なので、多少間違っているかも。

このアプリによると、僕のインターバルトレーニングは、400mを2分ほどで走る必要があるようだ。いざ実践。

f:id:HanaPal:20190515005311j:plain

結果は、かなりきつかった。
400mの場合、10本くらい行うのだが、6本目で限界を感じ、帰りはウォーキングしかできなかった。確かに、これをこなすことができるようになれば、体力はつきそうだ。

また、400m2分ペースだと、ほぼ全力疾走なので、一般の道路で本気のダッシュを、することに、少し恥じらってしまった。
あと、今までタイムのチェックにスマホを使っていたが、速いペースのときには、スマホで確認する、動作がかなり負担となる。スマートウォッチが欲しくなった。

スポンサーリンク

人気記事